リフォームコラム

リフォームに関する豆知識が満載!!
是非、リフォームの参考にしてください。

屋根・外壁でお悩みの方 石川県小松店より[Vol.314]
外壁屋根
2020.07.18

屋根・外壁でお悩みの方 石川県小松店より[Vol.314]

こんにちは!


今回のコラムは石川県小松市にある、石友リフォームサービス小松店ショールームからお送り致します。


みなさんは暮らしについてどのようなお悩みがありますか?

屋根、外壁の劣化が目立つ、凍害が目立つなど外観のお悩みはつきものです。
今回は「外観について詳しく知りたい」という方に合わせて、コラムを書かせていただきます。

外壁 リフォーム

まず、屋根についてご紹介させていただきます。


屋根には、瓦屋根、金属板葺き、スレート葺き、カバー工法などがあります。


瓦屋根は、成型焼成した粘土でつくった小片で屋根を葺くもので耐久性が高い、防音、断熱性が高いなどのメリットがあります。デメリットとしては、重量があり、建物への負荷が大きいことです。
瓦といっても、和瓦(日本瓦)と洋瓦(スペイン瓦、フランス瓦など)で雰囲気はまったく変わります。


金属板葺きは、亜鉛鉄板、ステンレス鋼板、銅版などの金属加工板を用いて屋根を葺く構法のことです。
軽量で建物への負荷が少ない、コストパフォーマンスに優れていますが、防音性が低い、メンテナンス周期が短いなどのデメリットがあります。
金属板葺きといっても、立平葺きや瓦棒葺きといった種類があります。


スレート葺きについてです。
天然スレート葺きは、層状の玄昌石で葺いたもののことです。
人工スレート葺きは、セメントと石綿(アスベスト)を高温高圧下で成形した板状の石綿スレートに着色したもののことです。現在は、環境問題の配慮から石綿の代わりに人口繊維や天然繊維を使用した化粧スレートが普及しています。

メリットしては、軽量で施工しやすい、断熱・遮熱性に優れているなどがあげられ、デメリットとしては、定期的に再塗装が必要ということです。


カバー工法は、カバー工法(重ね葺き)は、既存の屋根の上に、防水シート(ルーフィング)と新しい屋根材をかぶせる工法のことです。スレート、軽量金属屋根などのような平板の屋根材の上からなら施工することができます。

メリットとしては、リフォーム費用が安い、工期が短い、騒音やホコリのトラブルが少ないなどがあげられ、デメリットとては、耐震性に影響する可能性がある、瓦屋根には、ほぼ対応できない、内部の補修が必要な屋根には施工できないなどがあげられます。

外壁 リフォーム

次に外壁についてご説明させていただきます。
外壁の劣化では、ひび割れ、剥離や、凍害、塗装の白亜化などが主に見られます。
外壁は、お家の印象を左右するので、非常に気になる部分ですよね。

外壁材では、窯業系サイディング、金属系サイディング、木質系サイディング、板金、モルタルなどがあげられます。


窯業系サイディングは、セメントに繊維質を混ぜて、軽量化と強度をもったサイディングボードのことです。防火性に優れている、デザインが豊富などのメリットがあげられ、デメリットとしては、7年~8年ごとに再塗装が必要になることです。

外壁 リフォーム

金属系サイディングは、ガルバリウム鋼板(主にアルミと亜鉛から成る合金メッキ鋼板)を加工したものと断熱材と一体化した製品が多いです。軽量、断熱・遮音・防水性に優れている、凍害の心配がないなどのメリットがあります。


木質系サイディングは、無垢材や木質系の繊維を圧縮したMDF系、木材の小片を貼りあわせたパーティクルボード系があります。木の温かみがあるというメリットがありますが、水分を含むと腐る可能性があり、また価格は高くなることが多いです。


板金は、鉄板にアルミニウム55%、亜鉛43.4%、ケイ素1.6%の割合いで吹き付けたもので、アルミニウムによって強い皮膜を作り、メッキ層を保護しているため防食性に優れています。安価、スタイリッシュなデザイン、防水性に優れているというメリットがありますが、傷から腐食が進むことがあり、塩害、酸性雨に弱いです。


モルタルは、砂とセメントと水を混ぜ合わせた材料で、防火性があり、継ぎ目がないので、どんな形状の外壁にも対応できるデザインの自由度の高さがあります。デメリットとしては、ひび割れしやすい、汚れやすいなどがあります。

外壁 リフォーム

外壁リフォームの方法としては、塗装、重ね張り、張り替えがあります。
塗装では、既存外壁の上に塗装を施す方法ですが、安価、定期的なメンテナンスが必要なので、長い目でみると割高です。


重ね張りは、既存外壁の上にサイディングを施工する方法ですが、外観のイメージチェンジが可能で、廃材が少ないので、省エネ、遮音効果があります。デメリットとしては、躯体に負担がかかる、窓廻りの納まりが悪いなどがあげられます。


張り替えでは、既存外壁を取外し、新たにサイディングを施工する方法です。外観のイメージチェンジが可能、躯体の柱や下地の点検ができますが、既存壁の撤去費・処分費が発生します。

外壁 リフォーム

今回は外観についてご説明させていただきました。

専門的な知識が必要となりますので、お家の状態や、お客様のご要望に合わせて提案させていただければと思います。


外観でお悩みがある方は、お気軽にお電話、来店をお持ちしております。

小さなお悩み事でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同、お待ちしております!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

石友リフォームサービス小松店
石川県小松市園町ハ163-1
旧国道8号線の園町交差点付近、小松郵便局の向かいです。

資料請求 来店予約 ご相談・お見積 住まいのアドバイス 各店舗のご紹介